八千代鮨

八千代鮨は昭和32年に創業しました。神楽坂本多横丁で頑固に江戸の味を守っています。

TEL.03-3260-6389

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-1

お知らせ

八千代鮨60年の歩み1

喪中につき年頭のご挨拶を失礼させて頂きます

かねてより病気療養中の八千代鮨初代 齋藤 幸行 が令和元年10月28日に84歳にて永眠いたしました
ここに平素のご芳情に厚く御礼申し上げますとともに明年も変わらぬご厚誼のほど謹んでお願い申し上げます

なお 皆様のお年始の書き込みは毎年楽しみにしています 例年どおり「いいね!」を付けさせて頂きますことをお許しください
-------------------

八千代鮨の初代 齋藤幸行(ゆきつら)は群馬県甘楽郡秋畑の農家の10人兄弟姉妹の6番目として昭和9年11月に生まれました。
当時 長男以外は18歳になると家を出る決まりがあり、昭和28年2月に上京しました。
当日は東京も大雪で、クルブシまで浸かるほど積もっていたそうです。当初は先に上京していた親類を頼りに東京に出てきましたが、縁あって目黒の「だるま鮨」さんにお世話になることになったそうです。

父は新しいものが好きで、当時としては珍しくカメラを持っていました。その為たくさんの写真が残っています。その写真をご覧いただきながら、八千代鮨60年の歩みを振り返っていきます。

目黒のだるま鮨さんで修行中の写真です。

当時のエピソードとしてオヤジが良く言っていたのが、少し握れるようになったときの事です。
常連のお客様が「握ってくれ!」とオヤジに言ました。
オヤジは親方の許可をもらってツケ台に立ち「何にしましょうか?」と伺いました。
するとお客様は「アンチャンの得意なものを頼む!」と注文されました。
少年だったオヤジは一生懸命得意なものをお出ししました。
するとその常連さんは「来た早々に、アンチャンが俺に帰れと言ってるぞ!」と笑いながら親方に向かって言ったそうです。

当時のオヤジが一番得意だったのが海苔巻きだったのです。そこで頑張って精一杯の「かんぴょう巻」を出したそうです。
昔は鮨屋でかんぴょうを注文するのは「ごちそうさま!」を意味しました。来店された常連さんにいきなり「かんぴょう巻」を出した落語のような親父の失敗話の一つでした。


こちらの写真は昭和28年当時の目蒲線目黒駅の駅前です。

当時は街中を進駐軍のトラックが走り回っていたそうです。雅叙園観光ホテルにも進駐軍が宿泊していて、米軍のお客様もよく来たそうです。
「進駐軍にはワサビを入れるな!」と親方から言われていたそうです。敵国に来ている兵士が、味わった事が無いワサビのツンとした刺激を毒を盛られたと勘違いするのだそうです。

少し鮨屋に慣れてきた頃のオヤジの自慢話です。目黒駅前にある「ドレメ」と言う服飾学校があります。そこに通うお嬢様を10人ぐらいカウンターに座らせて、それぞれお好みの鮨を注文してもらい一人で握って出したそうです。それを一人ひとりの金額を覚えていて言えたそうです。どこまで本当かはわかりませんが・・・

目黒の「だるま鮨」さんには昭和32年までお世話になりました。

次に続く(予定です)

第3回いきな寄席

季節も秋めいて来ました。
毎回ご好評をいただいております「いきな寄席」も3回目を迎え今回も下記の要領で開催することになりました。
皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

日時:令和元年11月2日(土) 午後4時 開場(4時半開演)
木戸銭:5,000円(鮨・酒つき)
ご予約・お問合せ:八千代鮨 03-3260-6389
#いきな寄席 #台所おさん

令和元年9月7日(土)に寄席を行います

二つ目さんたちの噺を
もっと聞いてもらいたい!

「まち飛びフェスタ」や「神楽坂まつり」などを企画・運営している
(一般社団法人)神楽坂サポーターズさんが
神楽坂の飲食店で二つ目の落語会を定期的に実施することになりました。
【 神楽坂昇真寄席】https://www.facebook.com/events/403626570297418/

その第1回を当店で開催します。出演は、「古今亭志ん吉」さんです。
志ん吉さんは、神楽坂にゆかりのある 故古今亭志ん朝師匠 の流れを組む、今注目の若手噺家です。
【古今亭志ん吉プロフィール】http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=241

【詳細情報】
日時:2019年9月7日(土)16時開場、16時半開演
場所:八千代鮨https://yachiyo-sushi.com/
木戸銭:3,000円(ワンドリンク付)
お申し込みは電話にてお願いします。(03-3260-6389)

※今回のチケットは落語鑑賞のみになります。
終演後にお食事をご希望の方は、申込時にお席をご予約下さい。
お席に限りがあるため、早めの参加をお待ちいたしております。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

令和初の【新子】を仕入れました

いよいよ今季も始まりました。
6月中旬より新子の入荷が始まっていたようですが、現物を見たのは今シーズン初めてで、当店が豊洲市場で仕入れた初新子です。

まだ入荷量も少なく安定した入荷は無いと思いますので、ご希望の方はお電話を戴きましたら、お取り置き致します。(03ー3260ー6389)

今日の新子は静岡県舞阪産200gで134枚ありました。1貫で10枚付です。(2019.6.24)
皆様のお越しをお待ち致しております。

第2回 いきな寄席

お堀の桜も終わり新緑のまぶしい季節になりました。
2月に行いました「いきな寄席」は、好評を戴き御礼申し上げます。つきましては、6月に第2回を開催する運びとなりました。
今回も台所おさん師匠の噺をお楽しみいただきます。令和元年の初笑いに如何でしょうか。皆様のお越しをお待ちいたしております。

日時:令和元年6月1日(土) 午後4時 開場(4時半開演)
木戸銭:5,000円(鮨弁当・飲物付)
ご予約・お問合せ:八千代鮨 03-3260-6389
#いきな寄席 #台所おさん

#

第1回 いきな寄席

神楽坂 本多横丁八千代鮨で落語会を行う運びとなりました。
今回の演者は台所おさん師匠です。

日時:平成31年2月23日(土) 午後4時30分(30分前開場)
木戸銭:5,000円(鮨弁当・飲物付)

2階の座敷で噺を楽しんで頂きますが、席が20席+αと少ないので、
ご予約頂けましたら幸いです。
予約電話番号:03-3260-6389 八千代鮨
皆様のお越しをお待ち致しております。

今回噺をする「台所おさん」は柳家花緑の一番弟子です。
平成28年3月に真打ちに昇進しました。

台所おさんの高座名は、花緑の師匠である五代目柳家小さん
こよなく愛したものです。
由来は昔台所で働く女性が“おさんどん”と呼ばれていたため、
小さんの弟子だから「おさん」と洒落で考えたとのことです。
五代目は「台所鬼〆」の高座名も好んでいて、
こちらの高座名も 台所おさん が二つ目時代に名乗っていました。

台所おさん の初高座の日に五代目は息を引き取りました。
そんなこともあり、五代目ととても強い縁を感じます。
あの世で五代目が、どれほど喜んでいることでしょう。

台所おさん の活躍にご期待下さい。

豊洲市場 年末年始の開市日について

年末・年始の休開市日

12/23
(休市日)
24
(臨時開市)
2526272829
30
(臨時開市)
31
(休市日)
1/1
(休市日)
 2
(休市日)
 3
(休市日)
 4
(休市日)
 5
(初セリ)
 6
(休市日)
 7 8 9101112
13
(休市日)
14
(休市日)
1516171819

12/24は豊洲市場の開市日なので、見学してきました。
豊洲市場は12/30まで休まず開場していますが、年末年始の開市日が変則的になるのでご注意下さい。

当店の営業は年内12月29日(土)まで、年始は1月7日(月)よりとなります。
皆様、良いお年をお迎え下さい。2019年も引き続きよろしくお願い致します。

【鍋会席】を始めました

秋も深まって日も短くなり、朝晩冷えるようになりました。
例年ご好評を頂いています「鍋会席」をはじめました。
2階【掘りごたつ】の座敷でゆっくりとお楽しみください。
4~18名様までの忘年会・新年会・会合でご利用いただけます。

今年もホームページをご覧頂いた方にお試し価格で提供させて頂きます。
鍋会席 (橘)+ 飲み放題7,000円(税込・現金価格)

刺身でも食べられる真鯛を鯛のアラから煮出した出汁でサッと煮て、土佐より直送した薫り高い柚の絞り汁で作った自家製ポン酢でお召し上がり頂きます。

<お願い>
・お支払いは現金にてお願い致します。(カード払、および他サービスとの併用はご容赦下さい)
・前日までに電話にてご予約下さい。(℡03-3260-6389)
その際「飲み放題付き サービス鍋会席」とお伝え下さい。
・飲み放題の内容は、びんビール(サッポロ黒ラベル)・日本酒(桂月 燗・冷)・麦焼酎(荒城の月)に限らせて頂きます。
・お酒の持ち込み自由です。お好みのお酒がありましたらご自由にお持ち下さい。

皆様のご利用をお待ち致しております。

夏季休暇のお知らせ

残暑お見舞い申し上げます。
いつも八千代鮨をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、8/11(祝)~8/19(日) 夏期休暇を頂きます。

今後ともよろしくお願い致します。

新イカが始まりました(H30.8.6)

本日より新イカの入荷が始まりました。

新イカはスミイカの赤ちゃんです。
柔らかい食感はこの時期だけのお楽しみです。

今日のサイズだと2杯で1貫になります。ゲソの食感も最高です。

下の写真の右は通常の白イカです。少し見にくいですが大きさの違いが分かりますか?

ぜひ、どうぞ!