八千代鮨

八千代鮨は昭和32年に創業しました。神楽坂本多横丁で頑固に江戸の味を守っています。

TEL.03-3260-6389

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-1

お知らせ

新子情報(H30.7.2)

いよいよ7月に入りました。関東地方は早めの梅雨明けで、お客様からも新子を望まれる声が高まっています。

お待たせしました!今年初めて新子を仕入れました!!
今季も新子の仕込みを頑張ります。

#新子 熊本産  221枚/400g

生ミナミマグロが始まりました

本日はニュージーランド産の生インドマグロを仕入れました。

最近は海外産のマグロも冷凍しないで築地に入荷されます。
これから冬本番の南半球から脂のりの良いマグロが入ってきます。

新子情報 H30年(番外編)

毎年ゴールデンウイーク前後よりお客様から「今年はまだ?」と聞かれます。
今年の初入荷は少し遅れ気味でしたが、本日、今年初めての新子を確認しました。
残念ながらまだ手が出せる値段じゃないのですが、例年だと2~3週間で値段が落ち着くと思います。
今しばらくお待ち下さい。

静岡産の新子
100gで50匹程度入っています。(55,000円/Kg)

臨時休業のお知らせ(H30.5/1~2)

毎度ありがとうございます。

誠に勝手ながら5月1日(火)・2日(水)の両日を臨時休業させて頂きます。

5月7日(月)よりリフレッシュして営業いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

「神楽坂をどり」の案内が届きました

まだ寒い日が続いていますが、毎年好評の「神楽坂をどり」の案内が一足早く届きました。

平成30年4月14日(土) 会場:神楽坂劇場

【鍋会席】を始めました

秋も深まって日も短くなり、朝晩冷えるようになりましたが、
今年も例年ご好評を頂いています「鍋会席」をはじめました。
2階【掘りごたつ】の座敷でゆっくりとお楽しみください。
4~18名様までの忘年会・新年会・会合でご利用いただけます。

今年もホームページをご覧頂いた方にお試し価格で提供させて頂きます。
鍋会席 (橘)+ 飲み放題を7,000円(税込み 現金価格)で提供します。

 

刺身でも食べられる真鯛または寒ブリを鯛のアラから煮出した出汁でサッと煮て、
土佐より直送した薫り高い柚の絞り汁で作った自家製ポン酢と自家製のゴマだれでお召し上がり頂きます。

<お願い>
・お支払いは現金にてお願い致します。(カード払、または他サービスとの併用はご容赦下さい)
・前日までに電話にてご予約下さい。(03-3260-6389) その際ホームページを見たことをお伝え下さい。
・飲み放題の内容は、サッポロ黒ラベル(瓶)・日本酒(桂月 燗・冷)・麦焼酎(荒城の月)に限らせて頂きます。
(お酒の持ち込み自由です。お好みのお酒がありましたらどうぞ。)

皆様のご利用をお待ち致しております。

夏期休暇のご案内

残暑お見舞い申し上げます。
誠に勝手ながら、8月11日(金)より16日(水)の間休ませて頂きます。
引き続きご愛顧賜りますよう よろしくお願いいたします。


「新いか」はお盆明けより本格的に入荷されます。ぜひどうぞ!

暑さ厳しき折、皆様ご自愛ください。

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。
また今年も細かい字で申し訳ありませんが、「文字が読めない!」というお声を多数頂戴致しましたので、恥ずかしながら最大限大きくしてみました。初春のひとときお付き合い頂き、ご笑覧頂けましたら幸いです。

さて、昨年の八千代鮨は主人の幸伸・長男の駿介・そして私 祐里、それぞれの仕事を淡々とこなしたように感じます。60年続いている八千代鮨らしさを失わないで、また駿介が修業先で習ってきた一品料理をお客様に喜んで頂けるようお出しすることを考えました。ランチのメニューに新しく、鯛茶漬け御膳も加わり、人気メニューとなりました。また一品料理として焼ごま豆腐は、喜んで召し上がって頂いてる定番料理となりました。3人で誰か一人でも欠けると回らない八千代鮨ですので健康に気を付けなくちゃと頑張っています。お客さんにもよく言ってもらえるのですが子どもと働けることは幸せだとつくづく思った年でした。
私事ではありますが昨年の秋には思い切って、22年間使ってきた店舗を改装し、2階のお座敷を掘りこたつ式にしました。1階の壁紙もキレイになりました。是非お気軽にご利用下さい。
父・母は引退したといえ とても元気で、父は趣味の尺八、また組合の仕事は引き続き頑張っている様子です。母もお茶の先生として日々忙しく過ごしています。安心して下さい。元気です!

三代目になる駿介は地域のイベントのお手伝いをさせて頂いたり、お客様と友達のようにお付き合いさせて頂き、交友関係も広がっているようです。また日々料理の勉強もして、旬の物を使って試行錯誤しています。初めのうちは、同じ和食でも日本料理と鮨屋の違いや家族で経営することの戸惑いがあったことと思いますが、修業先で覚えてきた料理やデザートもつくり、今までの八千代鮨では見られなかった料理もメニューに加わっています。新メニューも日々考えているみたいです。暮れの繁忙期には、宴会や出前の鮨を握るようになり、戦力になってきました。また、お馴染みさんにはご指名を頂いて握ってお出ししています。そして貴重なご意見を頂き、日々勉強をしています。これから本当の意味ででの自分の店となるよう頑張って欲しいと思っています。
主人は連休を利用してのドライブはまだ続けていて、富山湾でホタルイカ漁に同行させてもらい、とても刺激を受けました。また、深夜バスで仙台まで行った後レンタカーで東北を一周してきたり、駿介と連れだって能登半島を回ってきたりしています。
私は、大学の同窓会のお仕事を手伝わせて頂き、30年以上前の友達と再開して仲良くなれたのが、うれしい出来事でした。また、娘と連れだって色々なところに旅行しています。

今年も最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。恒例のキーワードですが、「焼ごま豆腐」といたしました。ご来店時に私たちにお申し付け下さい。土佐の桂月冷酒をサービスさせて頂きます。また、フェイスブックページにもアップ致しますので、併せて「いいね!」を頂けましたら幸いです。

八千代鮨は昭和32年に音羽で創業して、今年で60年目を迎えます。当地神楽坂の本多横丁で開店してから48年目を迎えることが出来ました。これも一重に皆様のご愛顧の賜物と感謝致しております。本当にありがとうございました。これからもご愛顧の程よろしくお願い致します。最後になりましたが、今年も皆様が良いお年を迎えられますことをお祈り申し上げます。今後とも八千代鮨をよろしくお願い致します。

掘りごたつの座敷になりました

 

2階の座敷を掘りごたつ式にしました。

img_4357-1 foodpic7349346-1 foodpic7349325-1 foodpic7349375-1

少人数から18名様までご利用いただけます。お気軽にご利用下さい。

三代目もよろしくお願いします

本日より息子が帰ってきました。まだまだ修行中の身ですが、よろしくお願いします。

IMG_2845-1

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。