八千代鮨

八千代鮨は昭和32年に創業しました。神楽坂本多横丁で頑固に江戸の味を守っています。

TEL.03-3260-6389

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-1

2016年

今年最後の築地に行ってきました

昨日、今年最後の仕入れと思い築地に行きましたが、おかげさまで予想以上に忙しく魚が無くなってしまいました。そこで今日も急きょ河岸に行ってきました。大部分の魚の競りは29日で終わってしまい、お目当てのネタを仕入れることが出来るか心配しましたが、仲買さんに探してもらい【氷見の寒ぶり】も仕入れました。

ところで築地は今日までの開市ですが、毎年年末は一般の方々で大混雑します。道路も数寄屋橋まではガラガラなのですが、銀座四丁目あたりから動かなくなってしまいます。築地周辺には駐車場も少なく、場内には登録者しか入れません。
暮れに築地に行かれる方は、宅配便を利用できますので、車で行かない方が良いと思います。どうしても車で行かなくてはならない場合は、大江戸線沿線の近隣駅の駐車場を利用した方が早く買い出しが出来そうです。
または、銀座の地下駐車場を利用して、築地の買い物の後に銀ブラをして行かれるのも良いのではないでしょうか?

年内は今日までの営業ですが、今年一年大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。新年は、1/5(木)より営業致します。
最後になりましたが、皆さま良いお年をお迎え下さい。

掘りごたつの座敷になりました

2階の座敷を掘りごたつ式にしました。

img_4357-1 foodpic7349346-1 foodpic7349325-1 

少人数から18名様までご利用いただけます。お気軽にご利用下さい。

石垣貝をご存じですか?

本当の名前は「エゾイシカゲ貝」と言い、茨城から北に生息します。天然物はほとんど収穫されず、市場には流通していません。

陸前高田で養殖が成功して、平成20年頃より築地に出回るようになり、「石垣貝」として流通するようになりました。仲買人によると、築地の人間が「イシカゲ」を「石垣」と聞き間違えたことで築地ではこう呼ばれているとのことです。

ところが、平成22年のチリ地震の津波・そして平成23年の北日本大震災の影響で壊滅的な被害を受け、養殖施設もろとも貝自体も全て流失してしまったそうです。
その後三陸の方々の努力により養殖施設が復興され、平成26年に出荷が再開されるようになりました。

貝類の仕入れが難しくなる時期に大変甘みがあって美味しい貝なので、当店でも平成20年頃より扱うようになりました。食べる復興支援として当店ではこれからも石垣貝を応援していこうと思っています。
P_20160829_120805[1]
2009_0808_222924

新イカあります

本日の新イカは四国から入荷です。少しずつ北上してきました。

P_20160819_124055
P_20160819_122849

ゲソもおすすめです。ぜひどうぞ!

新子の仕込み

梅雨明け間近となり、新子の入荷も順調になりました。
以前に撮影した動画ですが、YouTubeに公開しました。ご笑覧下さい。

例年、新子の入荷はお盆休み前後までになります。 ぜひどうぞ!
P_20160610_195335-1

新子情報 H28.7.1

本日から7月になりました。

九州の新子も入荷が始まりました。

天草産200g 56枚です。

1467350451777-51578177

新子情報 H28.6.16

静岡産100gで86枚。1匹の平均の重さが1.16gは今までの最低記録だと思います!
P_20160616_134205

5匹ずつ2列にしてにぎりました
P_20160616_211322

新子情報 H28.6.13

静岡産100g48枚です。

P_20160614_131121

東北一人旅 1日目(H28.5.1)

毎年の恒例になりつつある東北一人旅も今年で3回目になりました。
今回は、「陸前高田」「女川」「石巻」の復興スタイルが大きく違うと聞き、実際に自分の目で見て出来れば土地の人の話を聞きたいという思いで出発しました。
今年は4/30に店の片付けが終わり、寝て起きてから出発するつもりでしたが、毎回のことですが遠足に行く小学生のように寝付かれず、そのまま出発してしまいました。

午前1時に東京を出発して東北自動車道を北上し、安達太良SA・長者原SA(仮眠)・北上金ケ崎PA・岩手山SA(朝食)を経由して、午前11時頃小袖海岸に到着しました。

到着しての第一印象は「あまちゃんブームが終わってしまったのかな?」という思いでした。久慈から小袖海岸に行く道が拡幅工事中で、細い山道に迂回しなければならないのも一因になっているようですが、海女センターも寂しく観光客もまばらで土産物販売もほとんど無い状況でした。
IMG_3522 IMG_3520-1

IMG_1586 IMG_2221
上の写真は2014.5.4(左)と2015.5.1(右)です。

海女センターの建物も2014には復旧していませんでしたが、まめぶ汁や土産物屋さんには長蛇の列が出来ていました。また、この頃はマイカー規制で小袖が浜にはバスで行きました。

IMG_3537 IMG_3551
おかげで、3年目にして始めてうに弁当にありつけました。

--------------------------------------

まだお昼過ぎなので少し南下して宿を取ろうと思い、陸前高田近辺で宿を探し「民宿343イン矢作」さんに予約が取れました。
ただ、GW中は食事が作れないとのことで、近くに飲食店があることを確認して向かいました。この宿は復興作業の方々が常宿にしているそうで、休日は帰省するので、食事の用意をしていないとのことでした。
IMG_3572 IMG_3567

そして宿の方に仮設商店街「陸前高田未来商店街」まで送って頂き、陸前高田唯一の鮨屋「鶴亀鮨」さんに入りました。偶然入ったのですが、ここのお鮨屋さん以前「探検バクモン」で見たことがありました。
IMG_3552IMG_3563

そして人生初の「素魚の踊り食い」
意外と癖もなく・・・でも、噛まないと飲み込めないので・・・戴きました(^-^;
IMG_3555 IMG_3558-1

最初に紙テープ攻撃を受け、いきなり感謝状を頂き、申し訳ありませんが「少々面倒な方かな?」という思いもしましたが、歓迎されて嫌な気持ちにはなりません。一瞬で懐に飛び込まれてしまいました。
IMG_3571-1IMG_3803

最後の写真が返信用の封筒に300円入っていて「帰ってから買った宝くじを送って欲しい」というものでした。自分のお金でなので自分で買っても同じなのに、クジの当たり外れよりも「陸前高田を忘れないで欲しい!」という思いからのアイデアでは無いかと思いました。

ここの親父さんは、アイデアマンでサービス精神が旺盛でした。色々な話を聞かせてもらいましたが(少し理解できない単語もありましたが)、折角来てくれたお客さんとの「縁」を大切につなげたいという思いを感じました。「頑張ってね」よりも「頑張ってるね!」と言って欲しい!実際に見に来て話を聞いて欲しいのだと思います。

たくさん頂いてタクシーを呼んで欲しいと伝えたところ、「俺が送っていくよ!」と。他にもお客さんがいるので「結構です」と言っても「良いから 良いから」と。お言葉に甘えて送ってもらいました。ごちそうさまでした。そして色々なお話をありがとうございました。頑張ってるね!

本日の走行距離 約850Km

今年も東北に行ってきました

今回で3年目になりましたが、5/1(日)~3(火)に東北一人旅に行ってきました。
毎回ノープランで巡るのですが、今回は当初の目的地を「久慈」と「石巻」に定めて出発し、結果 以下の行程になりました。

1日目 東京~久慈~陸前高田(泊)
IMG_3537IMG_3579

2日目 陸前高田~女川~石巻(泊)
IMG_3621 IMG_3660

3日目 石巻~福島~東京
IMG_3711 IMG_3734

以下備忘録的に書き残します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。